<   2010年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧

a0156992_15422851.jpg

ウーピーパイだよ。ミント風味マシュマロをはさんだよ。

さてと・・・ウーピーパイ、わかりやすく言うと、味、食感は森永のエンゼルパイにすっごく似ている。たぶんその昔、ウーピーパイを真似て、名前を日本向きにかえて、大量生産用に形を少し変えて開発されたのがエンゼルパイではないだろうか!?と私はおもっている。
まあ、そんなことはどうでもいっか。

チョコ生地のクッキーとケーキの中間のような円盤パイに溶かしたマシュマロをはさめば完成である。
マシュマロではなく、バタークリーム等をはさんだものもウーピーパイというらしいけど、私はマシュマロ入りが好き。
小さい頃からマシュマロ好きで、あのモシュモシュとした食感と甘さが好きで、よく食べるお菓子である。最近では無印良品のレモンマシュマロ、それから明治屋のコーヒーマシュマロが大好きである。そして私はミントチョコレートがすごく好きである。a0156992_1644081.gifアメリカにはYork という激甘のミントチョコがあって、好んでたべていた。特に食後に一枚、デザート代わりに食べると気分がす~っとお落ち着くし、ミントの爽快感がほかのミントチョコよりも強くて好きだった。でも日本ではどの輸入雑貨食品店でもみかけたことがないのである、きっと未許可の添加物でも入っているのかな?

だから、それら特徴をミックスして昨夜”開発”したのがミント・ウーピーパイである031.gif
でも、ミントチョコって嫌いな人、多いよね。
[PR]
by spicedhomary | 2010-01-31 16:16 | Baking
a0156992_15135746.jpg

""高級””なオリーブオイルをたっぷりと練り込んだ香り高いビスコッティ。

のはず・・・だったのに、焼きあがったらオリーブオイルの香りはぶっ飛んでしまっていました。まあ、それもそのはず、チーズを大量投入したからその香りに消されてしまったようである。
だから↑このようにオリーブオイルを再びディッピングして、無理やり香りをつけていただくのである。そうするとチーズのミルキーな甘味に、オリーブのさわやかな若草のような風味が加わって・・・・眼を閉じればプリマベーラ~056.gif056.gif
[PR]
by spicedhomary | 2010-01-31 15:35 | Biscotti
a0156992_1437364.jpg

カラマタオリーブを使ったリゾット。

カラマタオリーブはグリーク産の黒オリーブで、濃くてリッチで塩味の強いオリーブ。そのまま食べてもおいしいんだけど、刻んでサラダに混ぜたりとか、料理に混ぜても独特の味と塩味で風味のアクセントになるの!梅干し的な感じで使えるオリーブなのである。
 そして、このオリーブにはレモンがよく合うのである、だからレモンの皮をパラパラ~っとふりかけて、あ””そうそう、ハーブのふりかけもパラパラ~っとふりかけたよ~。

ふふっ、気付いた?昨日炊いた黄色豆のご飯を使ったのだ。だって堅くなっちゃったからさ・・・でも、さすが土鍋!炊飯器のような水滴が付かないからイヤな臭いとか、ご飯がふやけたりとか、まったくないの!かといって干乾びたりもしないの!
土鍋 Excellent ☆☆☆☆☆
[PR]
by spicedhomary | 2010-01-31 15:01 | Pasta
a0156992_14305488.jpg

Rigatoni リガトーニとトマトソースを焼いたのが、ベークドリガトーニ。

ちょっと試作だから、適当に作っちゃった・・・
ラザニアと同じような原理?の料理なんだけど、チョー簡単。
私のお気に入りパスタである。
[PR]
by spicedhomary | 2010-01-31 14:31 | Pasta
a0156992_2101495.jpg

ドライハーブを何種かと、赤唐辛子をミックス!
こうやって大きくしてみるときれいだね~。

これは、トマトソースのピザとかパスタとかに振りかけて風味を付けるための、トマトにGOODな、”ハーブふりかけ”なのである。
最近、市販のパスタソースがいろいろ出ていて、お手軽だからつい使ってしまうんだけど、やっぱり一般向けのためか、なんだかアクセントが足りないのよね。マイルドな仕上がりで決め手に欠けるのね。
そんなときに便利なのがコレ。もちろん自分でトマトソースから手作りするときにも使えるしね。
あっ”” トマト風味のチャーハンとかにも使えそう!
[PR]
by spicedhomary | 2010-01-30 21:27 | Spice / Herb
a0156992_1933260.jpg

渋みがあって、若草味があって、辛味の少ない、なかなか出合えない味のExtra Virgin Olive Oil である。
とにかく香りがすごいオリーブオイルを原価格で譲ってもらった。原価格とはいえ、けっこういいお値段・・・。チーズのスペシャリスト、Mr.K に勧められるがまま、でも「お値段以上」の価値はあるような気がして・・・・つい。

何に使おうかな・・・ビスコッティとか
あと、近所のパン屋、Pointage のバゲットに合いそうだな。

a0156992_19331053.jpg


私がオリーブオイルに目覚めたのはあるレストラン。
もう、十年以上前のことになるかな、マンハッタンのbond street にある Il buco っていうお店。アンティークショップを改装した内装で、外から見るとレストランには見えないんだけど、素朴でロマンティックなお店。
そこで出されたパンにに添えてあったオリーブオイルに感動!それまでは安物のオリーブオイルしか口にしたことがなかった私は、そのグリーンの若草のような香りに心打たれたのを思い出す。
今でも、おいしいオリーブオイルに出会うたびに、そのIl buco のオリーブオイルが頭をよぎるのである。
[PR]
by spicedhomary | 2010-01-30 20:25 | Goodies
a0156992_20384612.jpg

         あれ?同じ板の上で撮ったのに色が全然違うね↑→ むずかしいなあ

黄色い豆ご飯?
詳しくは イエロー・スプリット・ピーご飯である。でもこうやって書くとわけがわからなくなっちゃうでしょ!?

鴨大根を作ったから、それに合わせて土鍋で炊いたご飯だよ。白いご飯もいいんだけど、何か雑穀以外のものを入れたくなって探してたら、このYellow split peas がでてきたのね、黄色だから可愛く炊きあがるんじゃないかと(ご飯の炊け具合に可愛さが必要なのであろうか?)思って入れてみたら、何とも穏やかな色合いのご飯になりました。

さて、Yellow split peas だけど、
こういう豆類は輸入食材を扱うお店に売ってる場合が多い。
これは黄色い豆の皮を取って、半分に割ったもの。
アメリカ産である。

豆類は普通、皮に包まれている。大豆なんかもそうだけど、水でふやかしたり、煮たりすると皮がツルンとむけて、中身の豆本体が2つに分かれるでしょ・・・どうせそうなるんだったら最初から皮を剥いて半分にしておけば給水時間も短くてすむし、皮が剥けてスープや料理に混ざったりしないわけね!便利な豆なのである。

ちなみにSplit = 半分に割る の意味
アメリカにはこういう乾燥スプリット・ピーやスプリット・ビーンズがたくさんあったな・・・。
[PR]
by spicedhomary | 2010-01-30 19:31 | Japanese
a0156992_18402397.jpg

鴨をもらっちゃった!
ちょうど実家から送ってもらった大根があったから ”鴨大根”にしてみた。

鋳物鍋に大根と鴨を入れて、ゆっくりと1時間半かけて火を通し、一晩おいてなじませ、ネギを加えてまた1時間かけてスロークック、すると大根が飴色に、鴨はホロっとやわらかく、いい感じになりました。
これはおいしいわぁ~。鴨の脂から出たダシが大根に浸み込んでて旨い!

酒もご飯もイケちゃうわね。
[PR]
by spicedhomary | 2010-01-30 18:53 | Japanese
a0156992_2351723.jpg

野菜がどっさりのチキンスープを作ったのだ~。
でも、なんだか、いまいち味が薄いっていうか、足りないっていうか・・・・
で、チーズを加えてビスケット生地を作って、スープの上に被せて焼いたら~~~おいしいスープになりました。

ポットパイ・・・(いや、これはビスケットだけど)作るの楽しいもんなんだね!私は基本的に、パイ生地、タルト生地、ビスケット、スコーン等、好んで食べる方ではないのね、だからあまり作ることはないんだけど、この作業は楽しいわぁ~。それに、ビスケットだけを食べるわけじゃないからおいしいし。



a0156992_2354165.jpg昨日、撮影があって、中途半端に使った野菜や、皮だけむいてそのままの野菜がたくさん残ってしまった。ニンジン、レンコン、里芋、キノコ、ネギ、トマト・・・・鶏肉、とにかく、まな板の上にあった野菜の切りかけとか、なんでも入れた。野菜を片つけるにはスープが一番だもんね。
[PR]
by spicedhomary | 2010-01-26 23:32 | Soup
a0156992_16152619.jpg

インゲンを茹でて、さっとレモンを絞って、その上からおいしい胡麻油をかけて、ゴマとレモンの皮をふって、出来た!

胡麻油がおいしいから、塩はかけなくても食べれちゃう(茹でるときに塩加えてるから薄く塩味がついてるわけね)
私はインゲンはこういうシンプルな食べ方が好き。
こういう食べ方はアメリカでおぼえたもの。それ以前はインゲンは、出汁や醤油でやわらかくなるまで煮付けるものだと思っていた。これは、私の母や祖母がそうしていたからで、それもまたおいしいし、ご飯のおかずには最高なんだけどね。

そういえば、このインゲン、「オマーン産」と書いてあったような・・・オマーンって中東だっけ?インゲンが収穫できるんだねぇ~。あ、そっか、豆とか食べる地域だもんね、インゲンも獲れるはずだ。きっとこの時期でも温暖で太陽サンサンだから、日本で温室栽培されたものよりいい・・・か・も・し・れ・な・い?
私は特に野菜や果物の産地に特定のこだわりがないのでけっこうなんでも買ってしまう、怪しい加工食品や微妙な冷凍食品には手をださないけどね。
[PR]
by spicedhomary | 2010-01-24 16:39 | Side Dish
←menu