「ほっ」と。キャンペーン
a0156992_20595169.jpg


こんにちは。
このブログを今でもご覧になられている皆さんにお礼申し上げます!
私、この8月、麻布十番にHUDSON MARKET BAKERS というアメリカンスイーツのお店をオープンすることになりました。
いままで、このブログに掲載してきたようなアメリカの焼き菓子を販売いたします。ニューヨークの街角にあるような素敵なお店になる予定です!

今後はFacebook アカウントをお持ちの方は Hudson Market Bakers で検索してみてください。
http://www.facebook.com/pages/Hudson-Market-Bakers/325738520844106 にてお知らせをして参ります。

ぜひ、ファンになってくださいね!そして、近くにいらした際はお立ち寄りくださいね!
心より、感謝しています!

Homare
[PR]
# by spicedhomary | 2012-06-22 21:12 | 想い Feeling
a0156992_22481612.jpg
a0156992_22482611.jpgライ麦のパンとパストラミのサンドイッチ。
このパンはライ麦約70%、そのまま食べるには良いのだけど、サンドイッチにするには粘りが足りなくなってしまった・・・・パンが壊れそうなので紙で包んでフォローしてあげないといけない。
ライ麦ぱんといえば、私はパストラミハムを挟むのが好きである。
パンにはバターと粒マスタードをたっぷりとぬって、酸味のきいたピクルスとアルファルファ!これで決まりである。
[PR]
# by spicedhomary | 2011-11-05 23:00 | Sandwich
a0156992_22101021.jpg

バタークッキーを作って、
ヘーゼルナッツのクリームをはさんでみた。

なんだか、想像通りというか、手作りだなぁ・・・・という味、舌触りの出来栄えとなりました。

私はGODIVAのpralineチョコレートが大好き!
GODIVAといえば、バブル期の贅沢チョコの代表みたいなもんだった。ふふっ、歳がバレちゃうわね。
あのスムースでクリーミーなプラリネ入りのミルクチョコが食べたい私はやはり、古い人間なのかしらね。
[PR]
# by spicedhomary | 2011-11-05 22:34 | Baking
a0156992_21542573.jpg


”高級”バターでつくったバニラクリーム
なんと¥1500もするバターを買ってみた。。。。
フランス産の高級バターはおいしい!?ような気もするが、そんなに投資するほどでもないような気もするが。。。

せっかくなのでバニラビーンズとキビ砂糖をたっぷり練り混ぜてバニラクリームをつくってみたのだ!
これはおいしい!まちがいなくおいしい~。混ぜて半日ほど置いておくとバニラの香りがクリームに移り、キビのまろやかな甘味と一緒になってくれる。色も自然だし、贅沢なバニラクリームができたわ~。

a0156992_21543370.jpg

そして、ロールパンにどっさりと挟んでみた。
また作ろ~。
[PR]
# by spicedhomary | 2011-11-05 22:09 | Baking
a0156992_8592927.jpg


チョコレートクッキーにミントクリームをはさんでみました~

・・・・クッキーに砂糖を入れ過ぎました。ミントクリームは甘くせざるを得ないので、クッキーの甘味をかなり控えないとだめよね!
つい、うっかりしてしまった。あ~。
我慢して食べようにも、甘すぎてキツイ。残念。

近々、つくりなおそ~。
[PR]
# by spicedhomary | 2011-10-25 09:07 | Baking
a0156992_21115255.jpg

Whoopie Pie
昨日、知人のお店の開店のご祝儀でウーピーをたくさん作って持って行ったのだ!
喜んでもらえてよかったわ!
[PR]
# by spicedhomary | 2011-10-21 22:25 | Baking
a0156992_043416.jpg

レッドベルベット・ウーピーパイです。

Red velvet cake はアメリカのどちらかといえば南よりのケーキのようですが詳しくはよく知りません。
昔はビーツで色を付けて焼かれたようです。。。真っ赤なシットリした生地と白いフロスティング(クリーム)を重ねたケーキのこと。これは↑ウーピーにアレンジ。


赤いから 「ラズベリー味かな?」 「イチゴかな~?」 って思っちゃうわよね!
でも味は全然ちがう、薄いココア味 とでもいうべきでしょうか!?それがレッドベルベットなのです。
そして、この赤い色は液体食紅を大量投入して発色させるのです。でも、それがレッドベルベットなのです。ではなぜ?わざわざ食紅でこんなにまで色をつけなければいけないのでしょうか?私なりの見解では、より赤い方が「」だとわかりやすいから。見た目楽しいからです。

少し前にNY Timesウェブに Artificial color, Food color などをつかった食べ物についてあまりよくないというような記事も見かけました。でも、こういうお菓子も健在であり続けてほしいな。
[PR]
# by spicedhomary | 2011-10-21 00:33 | Baking
a0156992_23484431.jpg

ハムとベーコン、チェダーチーズをサンドイッチにしたよ。
このパンはライ麦入りパン。

なんだか普通な中身だけど、サンドイッチっていえば、やっぱりハム&チーズ!
レタスがモシャモシャしてるのでパッと見ヘルシー風なんだけど、実は高カロリー。。。
ベーコン3枚、ハム4枚、厚めのチェダー2枚 が入っているのだ。でも、それでもなんだか物足りない味だったのよね。なんでかな?

パンはライ麦は20%くらい、軽く香る程度しか使ってません。ふんわりしたライ麦パンにしたかったからスーパーキング(タンパク質の多い強力粉)で膨らませました。
[PR]
# by spicedhomary | 2011-10-21 00:03 | Sandwich
a0156992_23573388.jpg

シイタケとマイタケのサンドイッチ、全粒粉多めパン使用。

シイタケやマイタケといえば、いつでもスーパーにあるごくありふれたキノコである。
でも、ちょっとした工夫で素敵な私好みの素敵味に変身するのである。

オリーブオイル、タイム、塩、ブラックペッパーでソテーして最後に米酢かバルサミックビネガーをちょっとくわえる!
これだけ。
私はこの味付けが大好き。そのまま食べてもいいんだけど、パンに挟んでサンドイッチにしてもおいしいのである。
[PR]
# by spicedhomary | 2011-10-19 00:11 | Sandwich
a0156992_23342925.jpg

手打ちパスタ、作りました。
先週、知人たちとイタリア会をやったので、その時に作ったものです。

一番簡単な、でも本格的にみえるのがこのパスタ、Pappardelleパッパデェーレ(←カタカナで発音を表記するのは苦手、これで合ってるかどうか?) 厚みは1~2mm、幅が3cmくらいあって、超幅広の平たく長いパスタ。重めのソースや、濃いめのソースに合わせるのがおすすめのパスタです。


材料はいたってシンプル、小麦粉、卵、オリーブオイル。
作り方も4ステップ
1、それをフードプロセッサーで混ぜて、
2、ねかせてから、
3、麺棒で伸ばして、
4、切る

今回のはちょっと厚くしたので、まるで讃岐うどんのようなコシのある歯ごたえと、のどごし!? になりました。
これからの季節にピッタリです。。。。この食感。
[PR]
# by spicedhomary | 2011-10-18 23:56 | Preparation
a0156992_236094.jpg

沖縄の粗製糖とフランス産の高級バター、そして日本じゃ高価なピカンナッツたっぷり!
見た目、地味だけど、こだわりの素材(高額素材!)のゴージャスなビスコッティができたわ~。

・・・ていうか、実は在庫処分ビスコッティなのです。私は目に付いたおもしろそうな砂糖やナッツを買っては、それをわすれてしまい、しばらくたってから「あっ!何これ!?」みたいな感じで、引き出しや棚の奥からいろんな材料が見つかるのである。
そんなこんなで、半年くらい前に購入した、粗製糖(黒砂糖みたいなもの)、先日いただいたフランス産の高級バター(銘柄忘れたけど、ものすごい深みのあるバター)、それからピカンナッツ(余っていたもの)を合わせて焼いてみました。

これは、おいしい!なんといってもバターの香りと風味が全面にでた感じで、今までにない風味に。
バターの特徴がお菓子の出来を左右するのね・・・バターってすごい。あらためて実感しました。
でも、最近、またバターが消えかけてる。ほんとに困るわ=
[PR]
# by spicedhomary | 2011-10-18 23:32 | Biscotti

a0156992_2334590.jpg

ドライイチヂクとパルミジャーノレッジャーノのビスコッティ。
う~ん、でも写真、ボケちゃってますね。
ちょっとお菓子に入れちゃうにはもったいないのですが、ちょうど手元にあったので24カ月のパルミジャーノを混ぜてみました。香ばしいチーズの香りとフィグの粒々が絶妙な贅沢ビスコッティに仕上がりました。

久しぶりに自分のためにビスコッティを焼きました。
自分のためにお菓子を焼いたのって・・・本当に久しぶりだわ~。
ワインに合わせていただこ~っと。

私は暑くも寒くもない今の季節が一番好きですね!食べ物もおいしいしね。でも、食べすぎに注意しないと。
[PR]
# by spicedhomary | 2011-10-18 23:05 | Biscotti
a0156992_221162.jpg

Cast iron = 鋳鉄 のスキレットで焼いたコーンブレッド。
しっかりと均一に火が入って
ふんわり、シットリ、ジャリジャリ!? おいしい~

a0156992_2213666.jpg

コーンブレッドといえば、バーベキューリブやアメリカ南部風肉料理に合わせるのがアメリカ流。
で、やはり夏的なイメージの強いブレッドなのです。
写真↑は肉では似けど、やはり夏の果物、ブルーベリーのジャムをどっさりと合わせてみました。
私の実家には2,3品種のブルーベリーの木があるけど、これは酸っぱいブルーベリーで作ったジャム。
コーンブレッドにぴったり!
[PR]
# by spicedhomary | 2011-09-04 22:17 | Baking
a0156992_21411130.jpg

これもお盆の写真です。

私の実家は岐阜である、だからスーパーで普通に飛騨牛が売っている(たぶんグレードの低いものだろうけどね)
それで早速、飛騨牛の肩ロースを購入、東京からブレンドして持って行ったスパイスをまぶして、ジュワ~っとグリルしてみました。カウボーイステーキの出来上がり!う~ん、でもなんか薄っぺらい肉だわね>.<


a0156992_21455664.jpg US製のチャコールで、Kingsford といえばもっとも知られているメジャーなグリル用品ブランド、日本でも手に入るくらいである。

その昔、アメリカでこの豆炭で焼いたビーフを食べた時のその香りと旨みの記憶が私の脳ミソに鮮明に残っている。だから、使ってみたけど、なんか普通・・・・な気がした。この豆炭、アメリカだといろんな種類があってヒッコリー入りのとかあるから、それだったのかもしれないな!?
[PR]
a0156992_2175956.jpg

BBQベイビーバックリブ
ソースは2種類で
Original Hickory flavor BBQ sauce
Original Mango-Pineapple BBQ sauce
どちらも手作り!オリジナルなのだ。濃厚でおいしいの。

バックリブにスパイスをまぶしてオーブンに入れて2時間半~~~
骨から肉がスルッとほぐれてくるほど柔らかいBBQリブのできあがり。

おいしく出来てよかった。。。オーブンの方が完璧なBBQリブができるわ!!

実はお盆に実家に帰った時にチャコール(豆炭)でBBQリブを
トライ・・・で、ちょっと目を離したすきに真っ黒焦げになってしまった。しかも大量のリブである。くやしかったわ==、US製の豆炭まで購入してトライしたのに、全部オジャンにしてしまったemoticon-0112-wondering.gif
そもそも日本のグリルは浅すぎるのだ。実家にあったのが、ホームセンターなどに売っている、薄い肉をササッとあぶって食べる日本流の焼き肉用のグリルだったのだ。だから火が近すぎて焦げてしまった。

US製のグリルだと深みがあるから、肉への火のあたり具合を調節できる
フタがあるから、じっくりと時間をかけて肉に火入れができる→肉のスジがほぐれて柔らかくなる
やっぱり、大きい肉を焼くときは、大きい肉を食べている国の調理器機を使うべきね!

今年の夏はもう終わりそうだから、来年の夏は絶対にUS製のグリルを購入してBBQリブを焼くわ~!
[PR]
a0156992_2044571.jpg
a0156992_2045811.jpg

ポークバックリブを購入。
バックリブBack Rib はスペアリブよりも背骨寄りのリブ。アメリカでリブと言えばまずはこのBack ribなのだ。
腹側のスペアリブよりもサッパリしていて、どれだけでも食べれてしまうのである。

スーパーではこんな肉のかたまりは手に入らないから、麻布のNISSINで購入!US産とカナダ産があったけど、USをチョイスしてみました。

スパイスをブレンドしてまぶしつけて、オーブンで蒸し焼きにしていきま~す。
[PR]
# by spicedhomary | 2011-09-04 21:07 | Preparation
a0156992_2317584.jpg

おいしぃ~。
マンゴーとライムのマティーニ

使ったお酒は
Malibu
Captain Morgan

今日、”野菜生活” をたくさんいただいたから、ちょっと変化させてみた!
マンゴー入りのを使って、カクテル☆
野菜生活だから、もちろんマンゴーだけじゃなくて、ニンジンとかその他いろんな野菜が入っているのだ。
だから体のためになるお酒である!

こういうジュースって昼間に飲むイメージだけどね・・・。夜でもいけることが証明されました~
[PR]
# by spicedhomary | 2011-07-28 23:37 | Bar
a0156992_226461.jpg

チャンキービーフのボロネーズをリガトーニに合わせたよ~


台風でちょっと涼しかったかと思えば、暑さ復活。この暑い中、真冬っぽいパスタがどうしても作りたくなってね。。。というか、1ヶ月ほど前に開けたワインを放っておいたら激マズになってしまった。当たり前のことである。でも捨てるなんてできないし・・・・で、ひらめいたのがなぜかコレである。

今、国産牛を食べるのは結構シリアスであるようだけど。でも私はちょっと手頃になってるこのチャンスを見逃すなとばかりに牛肉を買ってきた!大手スーパーだから信用してるつもり。
薄切りの牛肉を包丁で細く刻んでトマトやワイン、それからタイム、ローズマリー、セージで煮込むと絶品のソースが出来上がるのである!ひき肉を使わないのがポイントかな。肉の食感も残ってGOOD。

ちなみにChunk とは粒々、コロコロしていること。Chunky beef だとコロコロ牛肉~みたいな感じかな。
ひき肉は英語では Ground meat である
[PR]
# by spicedhomary | 2011-07-25 22:24 | Pasta
a0156992_21471298.jpg

バッファローのミルクで作ったモッツアレラチーズ
紫バジルと穂バジル(花のつぼみ)を添えてみた。

先日知人から頂いたのだ~。
とっても柔らかくてふんわり。豆腐みたいに柔らかくて、さっぱりとした口溶けで、私の疲れた脳ミソを生き返らせてくれました。

バッファローミルクで作られたモッツアレラチーズは柔らかい と思っている人いるけど、普通に牛乳で作られたモッツアレラも作りたてはポヨンポヨンの柔らかさなのだ。しかし次の日になるともうかたく締まってしまうのでスモークして香りを付けたりして売られていたりするのである。
あ~I missed freshly made Fluffy and Tender Mozzarella Cheese.
[PR]
# by spicedhomary | 2011-07-25 22:03 | Small Dish
a0156992_21341555.jpg

バターミルクパンケーキ&チェリーたっぷり。

6月の終わり頃だったかな?アメリカン・チェリーの輸入最盛期のころの〝作品”です。

最近はネットの製菓ショップでバターミルクの粉末が簡単に入手可能なのよね。
時々、こうやって使ってみたり・・・・
しかし、粉末のバターミルクパウダーは少々クセがあるから、使う牛乳を無脂肪牛乳にすることがポイントなのです!そうすることでバターミルクの香りが際立つようになります。
脂肪分の多い牛乳を使うと焼きあがりがドテッと重くなってしまいがちなのです・・・・
これはパンケーキ生地全体に言える事なんだけど、私は常に低脂肪牛乳を使うか牛乳+水でやっています。
そうすると断然軽い仕上がりになるのです。その軽い仕上がりのパンケーキにシロップを大量にかけていただくのです・・・・。
[PR]
# by spicedhomary | 2011-07-25 21:46 | Breakfast / Lunch
←menu